買い物グセが付いたことでキャッシング

img_preparation3

 

仕事に疲れてしまったので転職をしたのですが、以前の仕事よりも給料が下がってしまいました。そこで「ほんの少しだけ」という気持ちでキャッシングをしたのです。これで買い物グセと借金グセが付いてしまい、トータルの借入額が50万円になってしまいました。今はクセを治して返済をしています。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 年齢:31歳
  • 借入額:40万円
  • 借入先(業者):バンクイック

仕事に追われる毎日で疲れが溜まる

特に大きな考えも無く、大学の経済学部に進学をしました。とにかく大学生活をエンジョイしたかったのでオールラウンドサークルに入り、楽しい毎日を送っていました。就職時期が迫ると私なりに必死になり、ようやく営業職に就くことができたのです。大学と同様に特に大きな希望も無く営業職を選んだため、営業職の非常に厳しい現実を見せられました。大学生時代にファミレスのホールでアルバイトをしていたため、人と接することは得意だと思っていたのですが、その程度の経験では通用しなかったのです。特に私の会社では結果がすべてという考え方だったので、結果が出せない私は常に大きなプレッシャーを感じていました。多くのビジネス書などで知識を身につけたのですが、なかなか結果に結びつきません。

給料が良いため辞められなかった

先輩や同僚に成績について相談をしたのですが、なかなか成績は上がりません。これだけハードは社会人生活でしたが、どうしてもこの会社をやめられない理由がありました。それは給料の良さです。大学時代の友だちと話をすると、同年代のサラリーマンよりも頭ひとつ給料が良いのです。お金に余裕があったため、休日は買い物でストレスを発散するようにしていました。特に自分にとって必要で無いものも買い込むようになりましたが、それによって仕事を忘れることができたのです。しかし、私を可愛がってくれていた先輩が会社を辞めてしまったのです。これは私にとって大きなショックでした。これで会社に対するモチベーションが低下し、私も翌月に辞めてしまったのです。

新しい仕事は楽だが給料がマイナス

私には営業職しか経験が無かったので、再び営業職を選びました。しかし、以前の会社のようにハードな業務内容では続かないことでしょう。そこでリサーチをして就職活動を行いました。新しい職場は営業職でありながら大きなプレッシャーはありません。久しぶりにストレスを感じない生活なので安心できましたが、大きな問題がひとつありました。それは給料の問題です。以前の会社の給料と比較して下がってしまったのです。しかし、これでストレスの無い生活が手に入ったことが嬉しかったのです。生活リズムは今の会社に慣れたのですが、お金の使い方については未だに慣れることができません。つい、無駄遣いをしてしまうのです。

生活費を補うためにキャッシング

そこで、これまでの生活とのギャップを埋めるためにキャッシングを考えました。消費者金融のバンクイックのカードローンを利用したのです。これまでの生活スタイルと同様な生活をするにはこれしか無かったのです。キャッシングは人生で初めてでしたが、特に問題もなく審査を通過することができました。これで、今までのように買い物をしてしまったのです。最初は数万円のカードローンのつもりでしたが、気づけば借入額が40万円になっていました。さすがにここまで借りてしまうと焦りが生まれます。

借金を反省してコツコツと返済をする

これをきっかけに返済をするようにしました。無駄遣いをしないようにするためレシートをもらって、家計簿をつけるようにしたのです。これで生活の無駄を排除することができました。そして、私の部屋には買ってから一度も使っていないものが溢れています。そこで、ネットオークションで売ることにしたのです。中でもアニメなどのDVDボックスは未開封のものが多かったので、期待以上の落札額で落札してもらえました。このお金もキャッシングの返済に充てたので、予定よりも早く返済することができました。