可愛い犬を長生きさせよう!動物病院の先生に色々とアドバイスをいただきました。

歯ブラシはとっても清潔なデンタルケア用品です。食べ盛りだし遊び盛りの豆芝を購入したのですが、一日中縄ガム形状のおもちゃを噛んで遊んで離そうとしません。

噛むおもちゃを与えて安心していたのですが、二軒屋動物病院の高橋先生に去勢や狂犬病の予防注射を毎年して頂いているので、身体が小さい小型犬をどのように育てて信頼関係を築いていけば良いのかお聞きしました。

「犬のデンタルケアの歯槽膿漏や歯周病は、軟らかい食べ物ばかり食べるから噛む力が弱くなるのであって、虫歯は甘いものを飼い主さんが食べさせるから出来るのです。犬用品歯ブラシをペットショップで購入して飼い主さんが歯磨きを行うようにして下さい。」

スポンジ状の歯磨き用品の紹介は出来るのですが、動物病院では購入出来ないのでよろしくお願いいたしますとの事でした。

また「去勢したら太りやすいのですが、ダイエット用の低カロリー高たんぱく質の餌を与えるようにして下さい。」ドックフードと併用してドギーマンの野菜スティックを与えるようにしました。

そして、「歯磨きの方法は、食事の後に、10分位スポンジ部分で撫でるように、あまり喉の奥に入れたり暴れたり、つつかないようにして下さい。」一日2回の食事の後夜にスポンジ状の犬用歯ブラシを使っています。

定価3000円で購入しました。10分位大人しくしていてちゃんと磨いてあげて就寝することにしています。

また「しっかり野菜を食べるようにね。」とおっしゃるのでキャベツや白菜、人参、大根等、フードプロセッサーしたらそれを直接ドックフードに混ぜて与えるように気を付けています。食事の後のデンタルケアだと思って認識しているようで、歯磨きをしていても、噛みついたりしないし、大人しく歯磨きさせるからとっても可愛いです。

慣れて習慣化しているのか、絆も深まるし、歯磨きする事でお手入れも行き届き、お口の周りの病原菌もいなくなり、楽しい食生活が送れます。よくしつけておりますので、よく言われる通りにします。

お手やお座り、新聞もくわえて持ってくるし、おまわりやフリスビーもくわえて持ってきます。信頼関係がとっても大切だと思います。とっても可愛いので一度ご覧頂きたいくらいです。たくさん遊んで、たくさん食べて、たくさん寝て楽しい食生活が送れたら、これからも長生き出来るように歯のデンタルケアを続けていきたいです。今生後1年になったので、いつまでも健康な食生活を続けていきたいです。