ローンに関する一般的考察

img_information1

書類提出原則不要か否かを電話で確認

商社などでお勤めの方々は、たまにカードローンを活用しています。急ぎでお金が必要な時には、とても重宝するからです。ところでその商品は、借り換え目的に活用される事もあります。手数料軽減などの目的で使われる事も多いですが、その際には書類が重要です。大抵の金融会社では、基本的には書類が求められる事になります。

ただ中には、書類提出原則不要な会社もあります。会社によってルールも異なるので、書類が気になる時には、金融会社に直接問い合わせをすると良いでしょう。ちなみに上限額を上げる時にも、審査が発生する事になります。そして金額アップの時には、書類が求められる事も多いです。

というのもある程度まとまった金額を調達するとなると、金融会社に自分の収入を証明する事になります。それを口頭ではなく、書面によって証明する必要があるのです。ですので総額手続きなどを行う時には、ちょっと書類には注意を要するでしょう。ただそれも電話で聞けば教えてくれるので、不安な時には問い合わせをするのが無難です。

 

借金の様々な事例と回収業務

借金には、端々な事例が見られます。例えばリサイクルショップです。新たなお店を開店するケースも見られますが、その際には色々と資金が必要になります。それで公的機関からお金を借りるケースもあるのです。

それと、何らかのゲームなどプレーする時です。一部のゲームではまとまったお金が必要になりますが、それで手持ち資金が少ない時には、借りるケースもあります。このように様々な事例がある訳ですが、お金を借りた方々はたまに自分の体験をネットに投稿しています。それで借金に関する情報を得られるケースも多々あるので、閲覧をしてみるのも一法です。

ただしどのような方法でお金を借りるにしても、返済には要注意です。返すのが前提になる商品なので、万が一遅れが生じると、所定業者の回収業務が生じる事があります。つまり借金の返済を迫られてしまう訳です。それで少々ネガティブな状況になる事もありますので、返済期日などは確認するのが望ましいです。

 

借換などで活用される事があるアコムマスターカード

消費者金融一覧のサイトを見ますと、たまに独自の商品が紹介されている事があります。その1つがアコムのACマスターカードですね。その名の通り、有名な賃金業者から提供されている商品です。ただしクレジットカードになります。賃金業者ではそのタイプのカードは発行していない事も多いのですが、アコムが唯一の会社なのです。

その金融業者によるカードの場合、借換目的で使われる事があります。複数の会社から借りている方が、整理をする為に用いるケースが多々あるのです。複数社から借りていれば、各社の返済状況がよく分からなくなってしまう事もあるのです。その混乱を回避する為に借換をするのですが、業者によってはそれが難しい事があります。審査の都合があるからです。

ところがアコムでは、複数から借り入れがあっても借りる事ができます。複数の借金が、すっきりまとまる事も珍しくないのです。もちろんショッピングなどでも利用する事ができるので、検討してみると良いでしょう。

 


 

返済が長期になると利息がたくさん付くシステムなので注意

すぐお金を借りたいという人は即日融資に対応している消費者金融がおすすめです。消費者金融一覧を見てみるとアコム、プロミス、アイフル、モビットがありますが、特におすすめなのが最短1時間で融資が可能になるアコムとプロミスです。自動契約機で申し込めば1時間以内でカードが発行されるシステムになっているので急いでいる人は自動契約機で申し込みましょう。

消費者金融は即日融資に対応しているのに対して金利が高く設定されています。そのため返済期間が長期になってしまうと利息がたくさん付いてしまって返済が困難になってしまいます。利息がたくさん付かないように返済期間を短くするように徹底すると消費者金融を上手に利用する事が出来ます。

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。そのため収入によって利用限度額が制限されてしまうのでパートやアルバイトなど低所得の人は多額の借り入れは難しいでしょう。

 

買い物グセが付いたことでキャッシング

img_preparation3

 

仕事に疲れてしまったので転職をしたのですが、以前の仕事よりも給料が下がってしまいました。そこで「ほんの少しだけ」という気持ちでキャッシングをしたのです。これで買い物グセと借金グセが付いてしまい、トータルの借入額が50万円になってしまいました。今はクセを治して返済をしています。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 年齢:31歳
  • 借入額:40万円
  • 借入先(業者):バンクイック

仕事に追われる毎日で疲れが溜まる

特に大きな考えも無く、大学の経済学部に進学をしました。とにかく大学生活をエンジョイしたかったのでオールラウンドサークルに入り、楽しい毎日を送っていました。就職時期が迫ると私なりに必死になり、ようやく営業職に就くことができたのです。大学と同様に特に大きな希望も無く営業職を選んだため、営業職の非常に厳しい現実を見せられました。大学生時代にファミレスのホールでアルバイトをしていたため、人と接することは得意だと思っていたのですが、その程度の経験では通用しなかったのです。特に私の会社では結果がすべてという考え方だったので、結果が出せない私は常に大きなプレッシャーを感じていました。多くのビジネス書などで知識を身につけたのですが、なかなか結果に結びつきません。

給料が良いため辞められなかった

先輩や同僚に成績について相談をしたのですが、なかなか成績は上がりません。これだけハードは社会人生活でしたが、どうしてもこの会社をやめられない理由がありました。それは給料の良さです。大学時代の友だちと話をすると、同年代のサラリーマンよりも頭ひとつ給料が良いのです。お金に余裕があったため、休日は買い物でストレスを発散するようにしていました。特に自分にとって必要で無いものも買い込むようになりましたが、それによって仕事を忘れることができたのです。しかし、私を可愛がってくれていた先輩が会社を辞めてしまったのです。これは私にとって大きなショックでした。これで会社に対するモチベーションが低下し、私も翌月に辞めてしまったのです。

新しい仕事は楽だが給料がマイナス

私には営業職しか経験が無かったので、再び営業職を選びました。しかし、以前の会社のようにハードな業務内容では続かないことでしょう。そこでリサーチをして就職活動を行いました。新しい職場は営業職でありながら大きなプレッシャーはありません。久しぶりにストレスを感じない生活なので安心できましたが、大きな問題がひとつありました。それは給料の問題です。以前の会社の給料と比較して下がってしまったのです。しかし、これでストレスの無い生活が手に入ったことが嬉しかったのです。生活リズムは今の会社に慣れたのですが、お金の使い方については未だに慣れることができません。つい、無駄遣いをしてしまうのです。

生活費を補うためにキャッシング

そこで、これまでの生活とのギャップを埋めるためにキャッシングを考えました。消費者金融のバンクイックのカードローンを利用したのです。これまでの生活スタイルと同様な生活をするにはこれしか無かったのです。キャッシングは人生で初めてでしたが、特に問題もなく審査を通過することができました。これで、今までのように買い物をしてしまったのです。最初は数万円のカードローンのつもりでしたが、気づけば借入額が40万円になっていました。さすがにここまで借りてしまうと焦りが生まれます。

借金を反省してコツコツと返済をする

これをきっかけに返済をするようにしました。無駄遣いをしないようにするためレシートをもらって、家計簿をつけるようにしたのです。これで生活の無駄を排除することができました。そして、私の部屋には買ってから一度も使っていないものが溢れています。そこで、ネットオークションで売ることにしたのです。中でもアニメなどのDVDボックスは未開封のものが多かったので、期待以上の落札額で落札してもらえました。このお金もキャッシングの返済に充てたので、予定よりも早く返済することができました。

キャバクラのために消費者金融でキャッシングしてしまった私

img_preparation2

 

これまで夜遊びをするような習慣は無く、仕事が終わればまっすぐ帰宅ということが当たり前でした。しかし、先輩にキャバクラに連れて行かれてドップリとハマってしまい、消費者金融からキャッシングをしてしまいました。今は目が覚めてカードローンをコツコツと返済しています。

 

  • 【体験者の情報】
  • 性別:男性
  • 職業:印刷会社
  • 年齢:28歳
  • 借入額:30万円
  • 借入先(業者):モビット

 

学生時代からマジメに生きてきた

私は自分で言うのもおかしなことですが、昔から非常にマジメなタイプでした。周囲の大学生が合コンや飲み会、テニス、スノーボードなどで遊んでいる中、私は日々コンビニエンスストアのアルバイトに励んでしました。ほかの大学生は私にとって別世界の生き物で、とてもじゃありませんが理解できませんでした。これだけマジメだったため大学の成績は非常に良く、研究室の教授から就職先を紹介してもらいスムーズに就職が出来ました。親孝行にもなり、私としては大満足の人生です。

社会人になっても飲み会は極力不参加

社会人になりこれまで行くことのなかった飲み会にも参加するようになりました。しかし、これまでこういった席に参加したことのない私は、いまいち楽しめません。お酒自体は嫌いではなかったのですが、自宅で一人飲みをしている方が何倍も楽しいのです。私の会社では数ヶ月に一度のペースで飲み会があったのですが、適当な理由を付けて欠席していました。幸いなことに欠席してもイヤミを言うような人が居なかったので、問題なく仕事を続けることができました。さらに、私が飲み会嫌いということが社内中で知られ、私を飲み会に誘う者もいなくなりました。わざわざ断る理由を考えずに済むようになったので、私にとっては非常に快適です。

直属の先輩から飲みに誘われる

ある時、同じ部署の直属の先輩と食事をする機会がありました。色々と世話になった方で、仕事のアドバイスを何度ももらっています。自分にとって頼れる兄貴分のような存在で、何でも話せるような相手です。そのような先輩が私を個人的に飲みに誘ってきたのです。普段の私であれば断ってしまうところですが、お世話になった先輩の誘いを断ることはできません。私は飲みに行くことにしました。一軒目はチェーン店居酒屋で、自分でも驚くほど楽しかったことを覚えています。その後も変えることは無く、二軒目に行くことになりました。そこで連れて行かれたのはなんとキャバクラです。マジメな私にとってこのような場所に一生行くことは無いと思っていました。かなり抵抗があったのですが、アルコールの力もあって先輩の後をついて行きました。

キャバクラにハマってキャッシング

初めてのキャバクラで、とても可愛らしい女の子が隣についてくれました。これまで満足に女性と話したこともなかったので舞い上がってしまいましたが、アイという女の子にドップリとハマってしまいました。未知の世界に触れて、キャバクラの魅力にとりつかれたのです。その日は名刺をもらって帰りましたが、家に帰ってもずっと忘れられません。そこでアイにメールをして、出勤日を教えてもらったのです。そして、週一でお店に通うようになりましたが、気づけば毎日のように通っていました。しかし、そのような生活がいつまでも続くわけがありません。貯金が無くなってしまったのです。そこで、消費者金融の広告で見たモビットでキャッシングをすることにしました。これまでキャッシング経験が無かったので、審査もスムーズに通り無事にキャッシングをすることができました。

先輩からの言葉で目が覚める

最初は数万円のカードローンでしたが、気づけばその額は30万円に膨れ上がっていました。しかし、それでもキャバクラ通いは止められません。ある週末のこと、いつものようにキャバクラの前まで行くとなんと先輩にバッタリと会ってしまいました。「もしかしたらキャバクラ行くつもり?適度に遊べよ。たまに借金までしちゃう奴がいるから」と見抜かれてしまったのです。その一言は私にとって強烈でした。その日は自宅に引き返し、アイの電話番号も消去しました。30万円は確かに大きい額ですが、人生を左右するほどの額ではありません。それから自分なりにカードローンの返済プランを立て、現在は毎月5万円ずつ返済をしています。もう、私がキャバクラへ行くことは無いでしょう。

ネイルアートを学んだ話

img_preparation1

会に出てから私は特にやりたいことも無く、キャバクラ嬢として働いていました。しかし、このような仕事はいつまでも続けられません。何か資格を取って働きたくなったのです。そこでネイルアーティストになるため、スクールに通いました。授業料はカードローンで支払ったのです。

  • 【体験者の情報】
  • 性別:女性
  • 職業:ネイルアーティスト
  • 年齢:26歳
  • 借入額:20万円
  • 借入先(業者):プロミス

大学進学をせず働くことに

子どもであればスポーツなど夢中になるものがありますが、私にはそういったものがありませんでした。こういった場合は不良になるようなこともあるのでしょうが、私はそのようなことにも興味がありません。特に理由も無かったのですが、とりあえず高校へ進学をしました。それなりに友だちも出来て楽しい高校生活だったのですが、文化祭や部活で張り切っているクラスメイトをどこかシラけた目で見ていたのです。私の高校では約半分が大学に進学するため、進学希望者は毎日マジメに受験勉強をしていました。もちろん私にそのような気力はありません。とにかく面倒だったので私は就職を選びました。特に就職活動もしなかったので、とりあえずアルバイトをすることにしたのです。

パチンコ屋を辞めてキャバクラ嬢を始める

どうせアルバイトをするのであれば高時給のものをやりたいので、私はパチンコ屋を選びました。カフェスタッフやアパレルスタッフなどはオシャレなイメージがありましたが、時給が安かったのでやりたくありません。実際にパチンコ屋でアルバイトを始めると、これがかなりの肉体労働なのです。私はこれまで力仕事やスポーツの経験が無かったので、パチンコ玉を運ぶことは大変でした。すぐに腰を痛めてしまったのです。時給は良かったのですが、私はすぐに辞めてしまいました。次のアルバイトを探していたのですがなかなか見つかりません。そこで、キャバクラで働くことにしたのです。これまでキャバクラに対して少しマイナスイメージがあったのですが、ヘアスタイルやメイクを整えて変身することが魅力でした。

充実したキャバクラの仕事

私はこれまで自分のルックスに自信が無かったのですが、ドレスなどで着飾ることでそれなりに見えるのです。最初はほとんどお客さんと話せなかったのですが、少しずつ話せるようになりました。これも変身したことで自分に自信がついたおかげでしょう。さらに、これまでのアルバイトではそれほど親密な人間関係を作らなかったのですが、このキャバクラは誰もが仲が良かったので、プライベートでも遊ぶようになったのです。あるとき、私はキャバクラ嬢の友だちにネイルアートを勧められました。もちろんネイルアートに興味はありましたが、実際にやってみるタイミングがありませんでした。キャバクラ嬢の指先を見てみると誰もがキレイなネイルアートをしています。そこで、私もやってみることにしました。

キャバクラの引退を考える

実際にネイルアートを仕上げてもらうと、私はたちまちその魅力に取り憑かれてしまいました。何に対しても無気力だった私ですが、これだけは唯一人生で興味を持ったものです。それ以来私はどのキャバクラ嬢よりもネイルアートにこだわるようになりました。それから数年間キャバクラ嬢として働いていたのですが、同期のキャバクラ嬢たちが引退し始めるのです。資格を取って働くこともあれば、結婚をした女の子もいます。このようになると私も次のステップを考えなければなりません。そこで、私はネイルアーティストになることを真剣に考えました。私のネイルを担当している人もかつてキャバクラ嬢をしていて、そこから転身をしたそうです。私はネイルアートスクールの資料を取り寄せました。

スクールの学費をキャッシング

調べてみるとスクールの学費は少々高額です。私はこれまで貯金をするという習慣が無かったため、学費を払うことが出来ません。そこで、消費者金融のプロミスのカードローンを利用することに決めました。スクールの授業は非常に厳しいものでしたが、確かな実力が身につきます。スクール卒業後はカードローンを返済しながらネイルアーティストとして働いており、いつか独立することが目標です。